パニック障害 〜私の場合~②

普通の生活がなくなりました。
その当時 子どもはまだ中学生と小学校にあがったばかりと保育園でした。
このままだと育児すらままならない……このままでは駄目だと病院を訪れました。
始めに訪れた病院では
「治るのが難しい病気やから一生治らないと思い、病気と仲良くなってくださいね うつ病も併発しやすいからその辺のお薬もだしておきますね」

???でいっぱいになりました。
治らない?
うつ病?

どうしてもその言葉に納得出来ず、大量に出された薬は全て捨てました。

一生いつ起こるか分からない発作とつきあうのか…
歩いて行ける場所以外はどこへも行けなくなるのか…
と諦め半分で仕事を辞め歩いて行けるスーパーへパートとして働く事にしました。
事情は話ていたので、問題なく日々を過ごしてるうちに、パート仲間で仲良くなった人に同じ病気の人がいました。
あーだから周りの人が病気の事に理解あったんだなぁと納得。
そしてその人が通っている病院を紹介され訪れると

「治りますよ!!!」と医師から告げられ驚きました。
お薬を使った治療のスタートです。