パニック障害 〜私の場合〜③

薬物療法がスタートしました。

まず薬の量を調整する期間として2週間~3カ月。
発作の再発を防ぐために1カ月~3カ月、症状が完全に消えてからその状態を維持する期間として半年~1年。
それからさらに半年から1年かけて徐々に薬を減らしていき、最後に服用なしとなり、治療終了となります。

薬物療法と同時に自分でも克服する為のチャレンジもしていきました。

今思えば子どもが小さかったという事も私自身を奮起させる良い材料でした。

子どもが居るので引きこもる訳にも行かず無理矢理にでも外出をする必要がありました。

発作時にのむ頓服は肌身離さず持ち歩きながら、車の運転から再開。
近くのコンビニへ行く事から始めて少しずつ距離を延ばしました。

電車も1駅1駅の間隔の短いローカル線からチャレンジ。
最初はほんの数分の1駅の区間すら発作が起きましたが、薬での治療も並行していたので1駅の次は2駅区間
その次は3駅区間
少しずつ距離を延ばしていきました。
昨日大丈夫だったから、今日もきっと大丈夫!!!
と心の中でずっと唱えながら少しずつ乗れる距離が延びるとともに、自分の中に大丈夫の自信が増えていきました。
少しずつ上を目指し、成功体験を通じて自信をつけていくことがコツです。

その時は自分なりに考えてだったけど、今はきちんと認知・行動療法というものもあるようです。

結局2年かけて病院での治療と自分なりの行動で治りました。
それでも、やはり不安は拭いきれずそこから数年間はお守りがわりに頓服は常にもっていました。
今でも苦手なものはありますが、心の中で大丈夫 大丈夫と唱えてます。

あくまで私の場合で正しいことも正しくない事もありますが、何かほんの少しでも参考になると幸いです。